思春期と大人のニキビの違いを解説

さすがに30代ともなるとニキビはできなくなります。

もちろん、毛穴詰まり(白ニキビ)は鼻の下とかにたまにできることがありますが、
できても1つとかそんな程度です。爪で潰して終わりです。

10代のころはさすがにそんなわけにはいかなくて、おでこ全体とか頬からあごまで
びっしりできるとか数と範囲が違います。そしてニキビも炎症を起こして赤くなる
というケースもあると思います。

ニキビが赤い、痛い、腫れているというのは炎症を起こしている証拠です。そこから
さらに化膿して膿がでてくるということもあるんですが、さすがにそこまでいくと
抗生物質とか飲んだほうがいいかもしれません。

情報元 思春期ニキビ倶楽部

皮膚科でニキビが治る薬を貰えるという話を聞いたことがあるかもしれませんが、
実際は治せません。毛穴詰まりを防ぐとか炎症を抑えるといった対症療法的なもの
なので、再発します。

思春期の場合、性ホルモンの分泌量が増えるのがそもそもの原因ですからこれが
落ち着くまでには時間がかかるということなんです。

大人ニキビの場合はストレスが主な原因です。これも対症療法では根本的な治療に
ならないので繰り返しやすいです。ストレスの元を絶たないとニキビは治りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です